水道水の有害物質は除去できるの?

水道水に含まれる有害物質

ウォーターサーバーを設置することで、安心を手にしたと思われてはいませんか?
実のところ、ウォーターサーバーを導入しただけでは、水素 効果道水の危険から避けたことにはなりません。
以下に水道水についてよくある質問をまとめてみましたので、参考にしてください。

質問:水道水を沸騰することで安心して飲めますか?
答え:沸騰させるだけではいけません。
一般的に水道水は沸騰させると安全に飲めると思っている方が多いのですが、実は水道水を沸騰させると発がん性物質の生成率が通常の3倍にもなってしまいます。
安全に飲むには、15分以上沸騰させる必要があります。

質問:浄水器を取り付けていれば大丈夫?
答え:大丈夫だとは言い切れません。
蛇口に取り付けて使う浄水器は、購入しやすい値段でお手入れも簡単とあって、人気がありますが、浄水器が除去できるのは「塩素」がメインです。
化学物質や細菌などは除去されません。
塩素の除去率を下げないためにも、フィルターもこまめに取り変える必要があります。
もし、カーリッジタイプの浄水器を選ばれるなら、少々値段が高くても良いものを選んで購入してください。

水道水の沸騰や浄水器だけでの使用は、水を安心して飲むことができないことが上記のQ&Aからもよくわかるでしょう。
私たちの健康を維持していくためには、水道水はなるべく飲まないようにしたほうがいいでしょう。

宿便解消と断食

宿便解消と断食

外に排泄されずに、長い間腸内に留まっていた便を宿便と言います。
オリゴ糖サプリとは多少違い、排便出来ないものではなく、排便する事は出来るものなのにずっと腸壁に留まっていた便ですので便秘と似ているようですが、全く違うもののようです。
よく知られている方法に宿便を排出するには断食が良いという事が挙げられます。
長時間、食事を食べずにいる状態を続けることで、胃や腸をはじめとした内臓の活動力が元々の健康な状態に戻っていきます。
そうすると普段は排出されることが無かった宿便が出てくるようになるのです。
刺激の高いセンナや宿便に効くとされているサプリメントを摂取することも宿便排出の方法ではありますが、一番良いのはやはり断食とされているため、1日や2日のプチ断食を含めばかなり多くの女性が体験していると思います。
一時的なものではありますが、腸の中に食べ物を入れない状態なので、程よく腸も休み徐々にに活力を取り戻すことが出来るわけです。
断食というと大変なもののように感じますが、さほど大げさに考えずに短期間のプチ断食にチャレンジすると、その効果のほどがわかると思います。
宿便排出のために断食を開始した場合、早くて2,3日からおよそ1週間以内には宿便と呼ばれる大量の便が排出されます。
個人差も大きいので量の多さには差があると思いますが、何らかの形でいつもと違う排便はあります。
この宿便を排出した後も、しばらく食べ物を食べないでいても塊の便が出続けます。これは腸の中に残っている細胞の残骸が便として排出されているからなのです。
形のある固形の食物を摂取しなくても固形の便が出てくるわけです。
断食すると体の内臓器官は腐敗物や老廃物の排出に専念するために宿便が排出されやすくなるようです。
断食は宿便解消の効果だけではなく、慢性胃炎や胃潰瘍、腎炎や肝炎、花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎などにも大きな効果が出るといわれています。
決して無理せずに自分の出来る範囲で行う事も重要なコツといえるでしょう。