どのように集中力を高めたら良いか

16.どのようにアルギニン 効果を高めたら良いか
テストの勉強などをする時には、期限内に集中して、覚えたり書いたり計算をしたりと、やらなければならにことがたくさんあります。ですから、どれだけ集中できるかが学習のキーとなるとも言えるでしょう。
よく話題になる様々な集中力を高める方法がありますが、最も簡単で脳科学的にも立証済みの方法をご紹介します。
まず工夫しなくてはいけないことは、集中力を持続させるためには、休憩時間を取る事です。
脳科学の研究で、人の集中力の持続時間は、おおよそ60分間から90分間くらいだと言うことがわかっています。
勉強して休憩する時、同じ勉強時間、休憩時間ならば、短いサイクルで行った方がより集中できるそうです。
そして、睡眠時間をだいたい6時間くらいは取ることが、脳の活発な働きには欠かせません。
勉強時間を確保するために、睡眠時間を削って勉強すると言う人がよくいますが、勉強して覚えた内容を脳にしっかり定着させるためには、眠ることは絶対に必要なことです。
眠い目をこすりながら、睡眠時間を削って無駄に長い時間勉強するより、しっかり睡眠時間を取って勉強に集中した方が効率が上がります。
また、食材にも集中力を高める効果を期待できるものがありますので、それらを意識して取ることも大切です。
集中力を高める食材には、低GIの糖分やカフェインなどがあります。ビタミンやミネラルなどが適当に含まれているものも効果的なのだそうです。
特に、低GIの糖分は、脳に糖分を補給するためには最も適している栄養素で、暗記力、記憶力などに効果的なのだそうです。
ただし、カフェインなどは摂りすぎると中毒性もあるので、注意するようにして下さい。
どのように集中力を高めたら良いかを知っていると、有効に活用できますので、試してみて下さい。

免疫力を上げるためには毎日を笑顔で過ごそう

免疫力アップのためには生活習慣や食生活、日常的な運動が必要です。しかし、それ以外にも「笑う」ことにより免疫力をアップさせることができる、という研究結果が出ているのです。

何故「笑う」と免疫力がアップするのか

癌細胞やインフルエンザなどの病原菌から身体を守るのが免疫力です。この免疫力が下がると様々な病気にかかりやすくなります。免疫力は健康維持のために重要な役割を果たしているのです。

では、何故笑うだけで免疫力 サプリメントが向上するのか。それは脳の働きが重要な役割を果たしています。

笑うことで脳が活性化され、ストレスが緩和されます。そのことにより思考力もアップし、血液量や血糖値にも影響が出るのです。また、笑った後はα波とβ波が増加し、脳を活性化させやる気を出させてくれます。

笑うことで脳が活性化され、身体の様々なところに良い影響が出ます。

作り笑顔でも効果あり

漫才やお笑いで自然に笑うことでも免疫力はアップしますが、作り笑顔でも効果はあるそうです。ストレスを感じた時に数秒間笑顔をキープすることで、精神的ストレスが軽減されると言われています。また、身体的にも心臓の健康を保つことができるという研究結果が出ています。これは、ストレスを感じたあとに作り笑顔をすることで、心拍数が下がることが要因となっています。

免疫力低下の原因の一つとして、外部によるストレスがあげられます。ストレスを感じた時や身体が弱っていると感じた時は、笑顔で過ごせるよう工夫してみてください。